水回りから音が聞こえてくる場合は水道修理が必要か

少しずつ滲んでる程度なら心配ないだろうと、水漏れトラブルを放置しておくことは危険です。放置しておいて勝手に直ることはありませんから、結果的にトラブルによる被害が大きくなってしまいます。水道 修理が必要なのかどうか、専門知識を持っていなくても音を聞くことによってトラブルが起こっているかどうか分かるケースがあるので解説します。

■給水管や排水管でトラブルがおきたとき

不思議なことに、壁から音が聞こえてくることがあります。結構大きな音でドーンと聞こえるため、初めは何の音なのか不思議に思う人もいるでしょう。これは蛇口をひねって水を出した後、水を止めるために蛇口をしめたときに音が聞こえてくるパターンです。音の正体は、蛇口を締めたときにパイプの中を流れる水が急に止まることができず、パイプの中の壁に突き当たって大きな音を生み出しているということです。その衝撃が何度も繰り返されると、管に大きなダメージを与え続けることになり、いずれ管が破損する恐れがあります。
次にハンドルタイプの蛇口を使ったとき、ブーンと何かが震えるような音が聞こえることもあります。これは水を出した時に生じるわずかな振動のために、部品そのものが音を出している可能性があります。音の原因は、部品の劣化が考えられます。水道の専門家へ早めに修理の依頼を申し込むといいでしょう。

■目に見えないところから聞こえてくるさまざまな音

もしも天井の中から水が漏れているような音が聞こえる場合、雨漏りトラブルよりも配水管にトラブルが起こっている可能性が考えられます。水を蛇口まで届ける役割のある配水管や給水管で、水漏れトラブルが起きている場合があります。
キッチンの床下から音が聞こえてきたら、それは配管そのものの劣化や、配管に使われている部品の劣化によるものがほとんどです。シンクの下にあるトラップなども、古くなったことによって音を出すこともあります。トラップは排水口の下の部分にある部品です。
もしもトイレから水の音が聞こえたら、できるだけ早めに水道修理を依頼しましょう。排水管からボコボコ聞こえてきたら何かが詰まっていて排水が逆流してくる前兆の可能性が高いです。

■まとめ
これまで聞いたことのない音が聞こえるということは、以前と違う状況を表しています。放置してもいいことはありません。逆に状況が悪化するだけなので、目の前で水漏れの様子が確認出来なくても水道 修理に関するプロに一度見てもらい、水の音の原因を突き止めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ